【幼児英語教材「トーキングリピーターDXシリーズ」で英語はじめよう!】カードで楽しみながら学ぶ!簡単操作で種類も充実の、0歳から使える英語教材!

HOME > みんなの声


オズモのリピートカード

とてもバランスのいい教材だと思います
東京都 加茂川様 成悠くん(2歳)


単語、フォニックス、綴り、会話、練習など、とてもバランスのいい教材だと思います。録音ボタンで自分の声が聞けるのが楽しいらしく、カードの声をまねて喋る声を録音しています。私は、英語が得意でないため「英語を声に出して喋ってみる」という環境を家庭で作ってあげたくてもなかなか難しく困っておりましたが、このリピートカードシステムのおかげで、楽しみながら英語を耳にし、しかも自発的に声に出して発音するといった理想的な環境を息子にあたえる事ができ、大変うれしく思っています。また、日に日に、上手に録音できる様になる息子に、驚きと喜びを感じています。

自分で操作できるから、子どもの興味が持続する

なかはら じゅん 翻訳家・なかはら幼児教育研究所 所長

ソニーの創業者、井深大氏が1970年代に開発した、幼児用の英語教材「トーキングカード」は、当時としては画期的な考えのもとに制作された。それまで英語の音声を聞くためのツールはカセットテープが大半で、幼児がいつでも手軽に英語を聞ける環境とはいえなかった。それが、「トーキングカード」は子どもたちの好きなカード形式で、機械に通すだけで、ネイティブの音声が再生される。カセットテープの再生ができない幼児でも、簡単に楽しく英語に親しめるというのが人気を博した理由だ。幼児教育はもとより、英語の早期教育の必要性が話題になり始めたのもこのころである。

 40年近く経った現在、CD-ROMやペンタッチ式の、新しいメディアを用いた教材が次々と出てきているにも関わらず、カード形式の教材は変わらず支持されている。これは、「トーキングカード」方式が、幼児の行動を分析し、興味を引き出し、持続させるよう、実によく考えて作られているからである。
 例えば、CD-ROMは大人がパソコンを立ち上げ、操作をして進めなければならず、コンテンツ量は豊富でも、子ども自身での学習意欲は持続しない。また、ペンタッチ式の教材は、幼児期では、目的の場所をタッチできなかったり、適当にタッチを繰り返したりするだけで、効果的な学習ができる年齢は限られてしまう。

その点、現在いずみ書房が販売している「トーキングリピーターDX」は、「トーキングカード」の機能をより充実させ、幼児が自分で操作できることを徹底的に考えて制作されたもの。これまでの、カードの下に貼った磁気テープを読み取って再生するアナログ音声から、光センサーで音を呼び出すデジタル音声へ切り替え、音の質が飛躍的に上がり、さらに音質の劣化が一切なくなった。さらに、再生・録音・繰り返し・対話など、幼児期の英語学習に必要な機能を、大きなボタンや非常にシンプルな設計で取り入れているのが人気の理由。こうしたデザインや性能が高く評価され、グッドデザイン賞を受賞したというのもうなずける。

(2001年グッドデザイン賞受賞)

 今後もさまざまな英語教材が開発されていくことは間違いないが、世代を越えて親しまれているカード形式の教材は、これから先も英語教材の主流として、活躍していくことになりそうだ。